いえねこむすめ 日々

北海道から東京へ

なぜ東京に出てきたか

東京…

 

日本の中心

 

たくさんのお店があって

たくさんの人がいて

都会で先進的

たくさんライブハウスがあって

好きなアーティストが居て

美術館があって

北海道よりあたたかい

 

なんだかドキドキする場所

 

私は東京をそう感じていたと思います。

 

北海道にいながら東京に憧れていた気持ちがあります

高校を卒業するタイミング

専門学校を卒業するタイミング

就職するタイミング

 

たくさんのタイミングがあっても東京に出ることがなかったのはなぜだろうか

 

やはり生まれ育った北海道を離れることはとても勇気がいることだし

何にしろ【目的】がなかったから

だと思います

 

都会は空気がわるい

住むところではない

遊びに行くだけで十分

 

だなんて聞いていたけど、私はそうは思いませんでした

 

「いつか住んでみたい」

 

と思っていました

けれど、今の生活では住むことはないのだろうなとも思っていました

 

東京に仲の良い友達が居るわけではないですが

妹が高校卒業と同時に横浜の大学に進学したので

私は年に1度くらいのペースで東京に遊びに行っていました

 

やはり東京はすきでした。

 

結婚し、働き、慌ただしい毎日を過ごしていたある日

 

「転勤が決まるかもしれない」

 

の一言は、とても嬉しかった

 

何か変わるかもしれない

ついに東京に住めるのか…

 

どんな毎日が訪れるのだろうか

どんな人と出会うのだろうか

 

ごろんと自分の中の大きな石が動いた瞬間だった気がします

 

2016年3月

 

 

 

 

 

はじめまめして

こんにちは

 

今日からブログを始めたいと思います

 

生まれ育ってから北海道でずっと過ごし25歳まで暮らしていました

そして結婚して26歳から東京にきました

 

感動や驚き、北海道との違い、憧れの東京

仕事、生活、家族、夫婦

 

様々なことが私自身を取り巻いていて、思う事がありますが自分自身で消化する毎日

 

誰かに聞いてほしいような

恥ずかしいような

でも忘れたくないなあと思う気持ちを綴っていければいいと思います

 

何卒よろしくお願いいたします